2018年11月4日(日)自転車散歩 

『関西文化の日 協賛サイクリング』
秋季「堺文化財特別公開」でしか公開されない「鉄砲鍛冶屋敷」と、「堺 アルフォンス・ミュシャ館」を見学。 途中大和川の爽やかな秋風に押して貰いながら自転車散歩をおこないました。 クヌギ等の紅葉が始まった大仙公園に集合。スタートは、緑の間に真っ赤な葉をした樹木が生える仁徳天皇陵を右に見ながら、自転車を堺旧市街へ向けます。住宅街を抜け、土居川公園へ出て、

 

色付き始めた木々の中の道を北上して行きますと、土居川に掛かっていた石橋「極楽橋」があります。1964年東京オリンピック以前は、土居川は濠として残っており、この橋が旧市街と堺東付近の湿地帯へと繋がっていたとの解説を、地元の人にしていただきました。

 

さらに北へ進むと朱色の高須神社が左に現れます。

 

春は牡丹桜の大きな花が綺麗な所です。ここから左折し、「阪堺線」通称“ちんでん”の踏切を渡ると、鉄砲鍛冶集団が集まっていた地域“堺北郷”に到着です。「鉄砲鍛冶集団」は鉄砲の各部位を分業で作っていたため、大量生産ができたと言われています。その中でも、まとめ役として中核をなす職は、鉄砲師で主に銃身を製造していました。 これらの職人の鍛冶屋敷が軒を連ねていたのが「綾之町」「桜之町」「北旅籠町」「北半町」であり、銃床部(木台)やからくりと呼ばれる機関部などの部位を作っていた金具師が、西方に連なる「中台屋町」「中浜町」「西台屋町」「金物町」に軒を連ねていました。分業制の中で各部位の製造者同士が集まって町を構成していました。 鉄砲は、東北仙台から九州種子島まで、広く各地で作られましたが、日本で唯一現存する江戸時代初期の「鉄砲鍛冶屋敷」は、堺の「井上関右衛門家」ただ一軒と云う貴重なところです。

 

今年は特別公開があり、これまで未公開だった座敷や奥の床の間の部屋も公開され、併せて古文書、鉄砲図面など貴重な資料を展示解説が行われました。この日は、井上関右衛門家17代当主の弟さんが、鉄砲の作り方、構造、鉄を溶かすための技術、炉の高熱を発する“ふいご”の構造を解説してくださり、とても貴重な見学会となりました。 ここから、江戸時代には、紀州藩、岸和田藩の参勤交代の道筋として使われた大阪と和歌山を結ぶ主要街道「紀州街道」を大和川堤まで走り、堤から川べりをのどかな気分で走り、浅香山河川敷公園にて休憩しました。

 

次に向かったのは、19世紀から20世紀に掛けてのアール・ヌーヴォ―の代表的な作家のミュシャ館です。 現代のアニメの人物像手本となったと言われているのが、ミュシャのリトグラフに出て来る美男・美女と言われています。「堺 アルフォンス・ミュシャ館」には、ミュシャの作品など500点の中から、ポスター、油彩画、宝飾品などが展示されています。 11月としては例年より暖かい気温の中、影が長くなった初秋の陽を浴びながら、快適な自転車散歩を参加者皆さんと楽しむことがでました。
ルート:大仙公園⇒仁徳天皇陵⇒京町通り⇒土居川公園(堺環濠の跡地)⇒鉄砲鍛冶屋敷⇒紀州街道⇒大和川河川敷⇒堺 アルフォンス・ミュシャ館⇒仁徳天皇陵⇒大仙公園 走行距14 所要時間3時間 参加者数:13人(女性:3人/男性:10人)+インストラクター5人計18人。
 

| 自転車散歩 | 16:53 | - | - | - | - |
2018年10月28日(日)大人のための自転車ライフ体験セミナー

『ロードバイクセミナー』
10月のロードバイクセミナーは、柏原市から石川サイクルラインを経由し、秋に入った事を感じる葉が黄色くなった自然豊かな太子町駒ヶ谷丘陵地帯で開催しました。

 

秋らしく快適で楽しいサイクリングをしながら『安全にロードバイクに乗ってサイクリングライフを楽しむ』セミナーを開催させていただきました。 参加いただいた方々のプロフィール。参加者数:15人(女性:5人・男性:10人)年齢:20代:1人・30代:2人・40代:8人・50代:3人・60代:1人。 当セミナー初参加:9人・複数回参加:4人。 ロードバイクに乗り始めて半年未満:5人・1年未満:3人・1年以上:7人。 集団走行の経験の無い方:9人。
ロードバイクに乗り始めたけど、楽な姿勢で、楽しく、事故無く、安心して走りたい。と云う方々が主な方々でした。
自転車は、脚の上下運動を機械を使用して前進させる速度に変換させます。
脚の上下運動を効率良く速度に変換するには、乗車姿勢(自転車上の手・脚・尻の3点の位置)が重要となります。 ロードバイクに乗り始めたら、先ずフォームを固めろ!と云う事になります。フォームが固まりませんと、特に腰が走行中に揺れるために自転車が蛇行し真っ直ぐ走りません。蛇行して走っては、自転車はスムーズに走らずスピードにも乗れないため、結局効率が悪い走り方となり疲労が増します。
最初は、フォームを固めるための座学でポジショニング設定の要点講義です。 筋肉の発生した位置エネルギーを、前進速度にどれだけの量変換できるか否かは、ライダー資質になります。 上手に乗れば少ない力で、楽に走れます。20辧殖莪焚爾芭った姿勢で乗車する“軽快車”では、脚から出された力は30%しか速度に変換されていません。ですから、特に登り坂で一生懸命ペダルを踏んでいるのに“しんどい”と云う事になります。アマチュアのローディだと50%、プロレーサーだと70%以上と計測されています。ぺダリング効率がいかに大事かお分かり頂けますでしょか。
【今回のセミナーポイント】
1.力の出し易いフォームの決め方に付いて。 ペダル上の足の位置が最初に決める位置です。ここから、サドル高さ、サドル前後位置、ハンドル位置と決めて行きます。
2.効率の良いペダリングの仕方。踏み位置、力を入れる方向、サイクリングシューズの特徴などがあります。
*座学の後は、道路を走りながら体験で学習していただきました。
3.柏原市役所前から、石川サイクルラインにて文化庁登録有形文化財「玉手橋」まで行きます。橋のたもとの広場にて自転車上のバランス感覚を養う練習をしていただきました。ハンドルを曲げた時の足・脚の位置、速度に合わせた自転車の倒し角度・ハンドルの曲げ角が安定して曲がるポイントです。これらは、ボトルをパイロンにしたスラロームを行う事で、コーナリング時の体と自転車のバランスの取り方になります。 また、走行中路上の穴、落下物、段差を回避するための技、前輪上げを体験していただきました。
4.ここから、サイクルラインを南下しながらコーナーを安全に曲るポイントを体験していただきました。 ロードバイクで起こる転倒では、路上の砂に前輪タイヤが滑って、転倒に繋がるケースが多く有ります。特に小さいコーナーでは、直前まで路上の砂の確認困難となります。従って、走行中はコーナーには砂が在るものだと想定し、万が一に備えた走り方を行います。
5.さらに、駒ヶ谷へ入るために石川サイクルサインを外れ新大黒橋を渡たり、軽い登り坂のぺダリングで坂を超えると、葡萄畑が広がる「駒ヶ谷」に入り、日本の最古の官道堺から明日香村を繋ぐ“竹内街道”に入ります。サイクリングの定番では、古民家が並ぶ細い道路を走ります。ですから、この状況での安全な走り方を解説させていただきました。
6.上ノ太子駅を過ぎ山に入り、急な登りでのダンシングの体験をしていただきました。急こう配の登り坂では体重を利用しぺダリングをします。体重で自転車を前へ進めます。
7.登り終えた後は快適な秋空の下、路端の果物屋さんにて“みかん”を食べビタミンC補給です。
8.駒ヶ谷のグレープロードから、

 

河内ワインさんで休憩。ワインに発酵させる前の、濃厚な葡萄ジュースを赤・白とも試飲させていただきました。

 

店内のワインの話に花が咲きました。


11.秋の陽の中、心地好い風を切って石川サイクルラインから、柏原市役所まで戻りました。暖かいサイクリング日和でした。走行距離:24 参加者数:15人(女性:5人、男性:10人、)+インストラクター3人 総数18人。

 

| 自転車ライフセミナー | 14:41 | - | - | - | - |
2018年10月27日(土)大人のための自転車ライフ体験セミナー

『メンテナスセミナー』
自転車博物館の“自転車ひろば”にて「メンテナンスセミナー」を開催致しました。

 

ご参加いただいたのは13人で男性10人、女性3人でした。スポーツ自転車歴は、自転車購入後3ヶ月以内:2人・半年以内:1人・1年以上:9人と、慣れた方が多く参加くださいました。先ず最初に、車輪の脱着を行いスキルを見させていただきました。その後、スキルに合わせ3班に分かれ講習となりました。 サイクリングで一番多いトラブルのパンクに対する対応=ホイールの脱着からパンク修理まで。チューブ・タイヤ交換、上級:ディレイラ―やブレーキの調整など自転車のメンテナンス。

 

11時30分から、特にロードバイクのポジションの決め方等を講習させていただきました。


セミナー内容:
1、 ホイールの脱着方法
2、 ホイールのクイックレリースの締め付け要領
3、 タイヤを外してのチューブ交換
4、 ブレーキのチェック
5、 ブレーキシュー摩耗、位置、並行度 *中級以上
6、 ディレイラ―のチェック・調整 *上級以上
7、 他
8、 ロードレーサーの乗車ポジショニング
1) 乗車フォームの決め方
2) 効率の良いぺダリングの方法
3) その他
参加者:13人、インストラクター3人。開催時間:9時〜12時

 

| 自転車ライフセミナー | 15:12 | - | - | - | - |
2018年10月21日(日)健康サイクリング 『奈良 明日香村』

“明日香村”を廻る周遊サイクリングが、秋空の下開催されました。 スタート時はそれこそ雲一つない快晴。空気は乾いていてとても爽快なサイクリングを皆さんと楽しめました。
橿原神宮前駅をスタートし北へ自転車を向かわせます。古い街並みの軒先を通り抜け、コスモスが秋風に揺れる藤原宮跡に到着。

 

広さ3万平方メートルの悠久の地に7種類 300万本のピンク・白・黄色など色とりどりのコスモスの花畑が晴天の青空に映えます。コスモスが風に揺れる中を走るサイクリングはこの時期だけ。

気分も爽快でぺダリングの脚も自然と軽くなります。飛鳥寺を迂回して明日香村の田園地帯の農道では稲刈りの真最中。黄金色の稲欽明天皇陵・吉備姫王墓のそばを通ると良い香りがします。

 

田圃の中を抜け、岡寺前の茶店を通り越し、観光会館横の道を左折し石造りの水路脇を通り住宅街を抜けると「石舞台」へ到着。皆さんと石舞台を高台から眺め、古代のしきたりや、行事の話題に花を咲さかせました。

 

悠久に思いを寄せられるのも明日香です。 石舞台古墳は一辺が50mある四角い古墳だったそうで、古墳の土砂が流れ落ちて、棺を安置するための石室がむき出しになったとされ玄室は、長さ7,7m幅3,5m高さ4,7mの大型です。石舞台から100mも進むと日本棚田100選の「稲渕の棚田」です。棚田を左に眺め軽い登りを走ります。次に、今度は右の眼下に広がった棚田を眺めます。 この棚田の田圃道を使って毎年“案山子祭り”が行われています。 今年も多くの案山子が出迎えてくれました。

 

シンボルとなっている大型の案山子は高さ10m以上有るようです。

 

案山子に見守られながら頂上を目指し全員集合。

 

頂上からみかん畑のダウンヒルを楽しんだ後は、広く開放的な国営飛鳥歴史公園に到着です。平成28年9月24日に開館したばかりの「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」です。

 

全員で施設見学です。(入館料無料)今年は、「キトラ古墳壁画・西壁「白虎」と天井「天文図」の公開日に当たり、本物の壁画を観賞することができました。

 

ここから、公園内を通り、

 

「高松塚古墳」を見学し、

 

欽明天皇陵・吉備姫王墓を参り、亀石で記念写真を撮り、横の売店でしばし休息した後は、飛鳥川を目指して下り、秋色になった木々の葉の川沿いの道を通り、畝傍山を正面に見ながら稲刈りの終わったのどかな田園風景の中を抜け、橿原神宮駅前へ戻りました。 天気に恵まれた“秋の明日香”を堪能できたサイクリングでした。 コース:橿原神宮前駅⇒藤原宮跡⇒飛鳥寺⇒石舞台⇒桜井飛鳥吉野線⇒稲渕棚田(かかし祭り)⇒キトラ古墳⇒高松塚古墳⇒欽明天皇陵・吉備姫王墓⇒亀石⇒橿原神宮駅前参加者:16人(女性:3人・男性:13人)+インストラクター3人計19人でした。走行距離:24
 

| 健康サイクリング | 12:29 | - | - | - | - |
10月7日(日)手作りおもちゃ教室 「すてきな花のプレゼント」

今回の手作りおもちゃ教室は 「すてきな花のプレゼント」を作りました。

ペーパークラフトの花を台紙や紙皿に張付け、飾ったりカードとして使えます。

色画用紙を型紙に合わせて切り、立体的に折り線を付け、組み立てると完成です。

台紙はお好きな組み合わせを選べるので、いろんな組み合わせが出来て色とりどりなお花が完成しました。

 


次回の手作りおもちゃ教室は11月23日(金曜日 祝日)遊塾のご指導で

「手作りおもちゃ」です。

どうぞお楽しみに!

 

| 手作りおもちゃ教室 | 16:46 | - | - | - | - |
2018年9月23日(日)健康サイクリング 『竹内街道(大泉緑地⇔竹内峠)』

竹内街道・横大路(大道)は推古天皇21年(613年)に外交の玄関口である難波津と政治の中心である飛鳥の宮をむすぶ「大道(大道)」として整備された、我が国最古の国道です。 この道を通じて、中国や朝鮮半島から外交使節、遣隋使・遣唐使によって多くのことがもたらされ、それとともに仏教が伝来し、聖徳太子らによって多くの仏教寺院が建立されました。 日本の国家としての歩みは、この道から始まり、この歴史的な証を目にすることができるのです。(竹内街道スタンプラリーパンフレットより)

9月度の健康サイクリングは、「竹内街道・横大路」スタンプラリー協賛で開催しました。

スタンプラリーは9月16日〜12月1日までの間、竹内街道・大道が通る10市町村が21ものイベントを開催します。イベントだけでも楽しめるのですが、このイベントの何れか2つの会場にてラリー用紙にスタンプを押印してもらうと景品が当たる応募用紙ができます。賞品には10市町村の特産品が当たります。 自転車で廻ってみるとよさそうですね。

“日本書紀”に「難波より京(飛鳥)に至る大道を置く」とあり、この竹内街道が現在の明日香村と堺・大阪をつなぐ街道と伝えられています。 外国使節・遣隋使・遣唐使が通った日本最古の国道に、悠久の時を感じる街道のサイクリングを皆さんと楽しみました。   大泉緑地公園(堺市)よりスタートし、竹内街道を羽曳野市に向かい古代の英雄“大和武尊”(やまとたけるのみこと)を祭った白鳥古墳を経由し、古市から白鳥神社前を過ぎ石川を渡る橋の上からは、左は柏原市、右は太子町までの駒ヶ谷一帯が見渡せます。山の傾斜に広がる葡萄畑を一望です。この一帯の葡萄の生産は古く明治時代からで、以前は日本一の生産量でした。 ワインの生産も明治時代に遡り、大阪にある7つのワイナリーの内6軒がこの地に在るほどです。 軽快にペダルを踏んで石川を超え地太子町に入りますと、街道沿いの家々の下に「竹内街道」と記された木製灯篭があり風情を感じます。10月20日(土)には、この灯篭に灯りをともし「竹内街道灯篭まつり」が開催されます。 さらに、近鉄南大阪線「上ノ太子駅」から左折して丘を登ると「飛鳥ワイン」のワイン工場に到着。葡萄を絞ったいい香りが工場から漂っていました。

さらに、濃い緑の山に向かってペダルを踏み、日本家屋の並ぶ風情ある道を登って行きますと息が切れ切れになる頃に、「竹内街道休憩所」があり休憩ができます。

竹内街道の解説、街道の四季の写真、竹内街道にまつわるお土産などがあります。 ひと休みさせて貰った後は、再び元気良くペダルを踏み竹内峠の始まりの地点“道の駅 近つ飛鳥の里・太子”に到着。峠の下なので多くのサイクリストが休んでいました。 道の駅で休息、ここからコースをUターンし、太子温泉前を通り、緑色の稲穂が広がり、曼珠沙華の赤色が鮮やかないろどりを見せ秋を感じさせている棚田を眺め一息入れます。

 “南河内グリーンロード”のダウンヒルをくだり途中露店で休憩。甘い葡萄をいただき参加者同士の話が弾みます。

 葡萄棚には未だ大きな粒の葡萄がなっています。

 自転車は心地よい秋風を切って快適なダウンヒルを続け、グレープロードに入り河内ワインワイナリーに到着。

特産の葡萄ジュース(ワインになる前で発酵していない)は、甘くとても濃厚な味でした。

 

 駒ヶ谷を後にし、再び竹内街道を走り堺市大泉緑地公園に戻りました。 走行距離:34辧〇臆端圈21人 (女性:3人、男性:14人)インストラクター3人 計24人。 

| 健康サイクリング | 10:18 | - | - | - | - |



    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

+ 最新記事

+ MENU

+ 月別アーカイブ


+ 携帯で見る
qrcode