2019年9月15日(日)健康サイクリング 『泉北緑道 緑のトンネルめぐり』

9月も中盤に入り秋風のように空気が乾いて来たことで、陽の下は暑さを感じるものの、泉北緑道は木々に覆われた緑のトンネルが沢山あるため、木陰の下は肌にひんやりとした風があたり爽快なサイクリングでした。

 

樹々の続く泉北緑道はまるで緑の回廊。 特に下り坂では爽快感倍増でした。 太陽の下では、カラフルに咲いた花々がサイクリストの心を和ませてくれました。

 

休憩も多めに取りましたので、休憩場所毎の日陰では参加者同士の会話の輪があちこちでき、

 

自転車談義から、

 

秋のサイクリング企画など、参加者方々の楽しい話の輪ができ、サイクリング友達もできたことでしょう。

 

夏のサイクリングもいいもんですね。
古墳時代朝鮮半島から伝わった須恵器(陶質の土器)が堺市周辺でたくさん造られました。1,000度以上の高温で焼く時はそれまで日本には無く、灰褐色の硬質の土器でした。また、一緒に轆轤が伝わり日本の土器つくりが進化しました。ここから職人たちが日本全国へと散らばり、日本中に陶器作りを広めたと云わっています。有田、備前、丹波、美濃等、日本の焼き物のルーツとされています。 大蓮公園内に在るその須恵器を焼くための“穴窯”(登り窯のような)を今回見学しました。

 

陶邑窯跡群(すえむらあとぐん)と呼ばれる穴窯は、泉北地域を中心に、堺市南区、和泉市、岸和田市、大阪狭山市に広がっており、その窯の数1,000基以上と言われ、5世紀頃から10世紀頃まで造られていました。 今回見学した穴釜は、光明池近辺で発見されたものをセメントで固め、移築復元したものです。

 

陶邑窯(すえむらかま)は、信楽の登り窯と比べると小型で、4〜6m、幅1〜2m程度が多かったようです。 泉北緑道の木陰の下を多く走る我々は、ひんやりとした空気を感じながら快適な汗がかけたサイクリングでした。
コース:荒山講演⇒晴美台⇒あまの街道⇒38号線⇒逆瀬川⇒槇塚台⇒晴美台⇒大蓮公園⇒陶邑窯跡⇒荒山公園 走行距離:24
参加者:17人(女性1人・男性16人)+インストラクター3人計20人

 

| 健康サイクリング | 15:54 | - | - | - | - |
9月16日(月曜日祝日)手作りおもちゃ教室 「くるくるレインボー」

今回の手作りおもちゃ教室は「くるくるレインボー」を作りました。

くるくる回すとシャボン玉のように見えるふしぎなおもちゃです。

キラキラ光るテープを放射状にシールで止めて提灯の形になった物を竹ひごに付けると完成です。

シャボン玉以外にも花のつぼみや花にも見えるいろんな遊び方を見つけて下さいました。

からまらない様に優しく楽しく遊んで下さいね〜


次回の手作りおもちゃ教室は10月6日(日曜日)橋本慶子先生のご指導で

「すてきな小物入れとチーコマ作り」です。

どうぞお楽しみに!

| 手作りおもちゃ教室 | 15:29 | - | - | - | - |
2019年9月14日(土)大人のための自転車ライフ体験セミナー『ロードバイクセミナー』

9月も中旬となり、朝夕は涼しい風も吹くようになりました。 今日は、この夏としては涼しい午前中でした。ロードバイクセミナーも乾いた風の中楽しく走ることができました。 いよいよ秋のサイクリングシーズンが始まります。 今回は、初めての参加の方5人、リピーターの方5人の半々のご参加でした。 サイクリングを始めて半年以内の方が3人、その他の方が1年以上の経験者と云う方々でした。 最初は、30分程の座学から始まりました。 事故の無いサイクリングが基本です。 交通安全、事故回避のための走り方、注意の仕方を学んでいただき、次に乗車ホームの決め方をレクチャーさせていただきました。 ロードバイクセミナーは、体験型セミナーとしていますので、交通安全であれば、危険が懸念される場所にて都度止まり、現場で「なぜ?どうやって?」の解説を聞いていただきながらセミナーは進んで行きます。状況を見て、実際に走ってみることで、頭と体で理解し、会得して頂くようにしているセミナーです。

 

座学後は、実走行で以下を体験学習していただきました。

1、 交通事故に遭わないための走り方

2、 集団走行の仕方

3、 道路・交差点での事故を回避する左折・右折の仕方

4、 住宅街交差点での安全を確保しながらの走行

5、 急な下り坂でのサドル上のポジション・ブレーキングの仕方

6、 急な登り坂でのぺダリングポジション・ダンシングの仕方、コツ。

7、 路上に広がる砂が有る場合での注意

8、 スローラムに因るコーナリング・ハンドリング・車上での重心の取り方

9、 ブラインドコーナーでの走り方

インストラクターが現場にて解説させていただくので、聞いた後実体験できるセミナーでした。 泉北丘陵の緑は未だ濃く真夏の装いでしたが、

 

田圃では稲穂がたわわに実り、

 

コスモスが揺れている

 

田園風景の中を走行し“安全で楽しいサイクリングテクニック”を体験学習していただきました。一度で全てを覚えるのは大変です。リピーターの方大歓迎です。 コース:堺公園墓地-御池台-御池公園-美木多上-光明池-美木多上-御池公園-八ヶ峰寺-堺公園墓地

走行距離:18辧〇臆端圈В0人(男性:9人、女性:1人)+インストラクター3人の計13人でした。

| 自転車ライフセミナー | 10:27 | - | - | - | - |
2019年7月21日(日)健康サイクリング『ナショナルトレーニングセンター周辺快走サイクリング』

堺市と大阪市の境となる大和川。 3グループに分けて走る今日のサイクリングは、大和川河川敷公園から大和川堤のサイクリングスペースを走り、大和川河口に広がる堺ナショナルトレーングセンター外周と、堺シャープ工場外周5劼鯀り戻って来るコースで開催されました。 大和川は、大阪市の水害防止を目的に、1708年(宝永5年)造成された人工の河川で、サイクルラインの在る柏原市役所周辺から堺を経て大阪湾にそそぐ延長14辧幅180mの川です。 柏原市から大阪湾の河口まで14劼猟垢気嚢眥禳垢20mと、とっても緩やかです。薄曇りの天気の中、湿度は高く徒歩では体が火照るほどでしたが、サイクリングでは川面や海の上を撫でて来るひんやりした空気が体に当たり快適でした。 河川敷公園をスタートし、吾妻橋まで自転車・歩行者専用の左岸の堤を快適に走ります。河川の先には大阪を東から取り囲む山々が良く見えます。吾妻橋を渡り、右岸の河川敷内の自転車・歩行者専用道路を大阪湾に向かって下って行きます。
各自思い思いのギアーで走りますが、ここの道幅も広く綺麗な走路では、小生はケイデンスを120/分程度の高速回転で脚の筋肉の俊敏性向上練習を兼ねて走りました。 湾に到着しますと

 

今日は、薄曇りの天気でしたが遠くには六甲山系がくっきりと見えました。その手前の右側の高いビルがコスモタワー、その右側の低いビルが、先般G20が開催された会場です。左の高いビルの周辺が2025年大阪万博会場の「夢洲」になります。 堺ナショナルトレーニングセンターで休憩。

 

休息時間も参加者皆さんの楽しい談笑時間になります。サイクリングの楽しみ一つですね。 大阪湾から折り返して大和川l河川敷をクーリングダウンしながらゆっくり走行します。


高いセコイヤ並木と、緑濃い緑河川敷公園へゴールし、しばしの休息の後解散しました。

 

コース:大和川河川敷公園⇒大和川堤⇒吾妻橋⇒右岸河川敷を西へ下り⇒紀州街道⇒大和橋⇒大和川左岸堤⇒堺ナショナルトレーングセンター⇒シャープ工場一周⇒突堤⇒コンビニ⇒大和川左岸堤⇒大和川河川敷公園 走行距離:23
参加者23人(女性3人、男性20人)+インストラクター6人計29人でサイクリングを楽しみました。

 

| 健康サイクリング | 16:13 | - | - | - | - |
自転車散歩 2019年7月13日(土) 『古墳めぐり』

第43回世界遺産委員会(アゼルバイジャンの首都バクー開催)にて7月6日(土)「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産に登録されることが決定しました。世界文化遺産登録決定後最初の「古墳めぐり」自転車散歩でした。 350年頃、大和朝廷が日本の国内を統一した後の3世紀末頃〜8世紀、大和朝廷の大王(おおぎみ)、豪族たちが力を持ってくると、その力を示すため大きなお墓を作るようになりました。これが現在古墳と呼ばれ巨大墳墓です。本州から九州まで、全国に約16万基の古墳があると云われ、大きさは400m〜20mまで様々です。この内、前方後円墳は、4700基と云われ、400年頃に近畿地方から広がり、北は岩手県から鹿児島県にまでに分布しています。今回の世界文化遺産に登録されるのは、百舌鳥と古市地区の古墳群になります。
*百舌鳥古墳群は、堺市東西南北4劼帽がっていて、100基以上(108基と云う説有)が造られましたが現存しているのは44基だそうです。
*古市古墳群は、130基が造られ現存数は45基だそうで、国内2位の大きさ425m超える応仁天皇陵古墳など200mを超える大きな古墳が7基もあります。
今日の自転車散歩では、面積では世界一大きな古墳「仁徳天皇陵」、日本で三番目に大きい「履中天皇陵」、七番目に大きい「ニンザイ古墳」、百舌鳥古墳群の中で八番目に大きい「いたすけ古墳」及び「御廟山古墳」など、5つの古墳を廻り、その後に堺市博物館にて大型スクリーンでしか体感できない古墳群の雄大さ!作品「百舌鳥古墳群―時を超えて」を観賞し、映像とサイクリングにより悠久の時を皆さんと過ごすことができました。 自転車散歩は、大仙公園よりスタートし、公園内の森を抜け平成の森展望台古墳レプリカに登り、履中天皇陵(全長365m・幅235m・高さ27,6m)を眺めました。百舌鳥古墳群では、仁徳天皇陵の次ぐ大きさの前方後円墳で、周辺には陪塚10基が確認されています。墳丘は3段築成で葺石と埴輪があるそうです。眺めた後は、履中天皇陵正面拝所へ廻り一礼。次に向かったのは百舌鳥古墳群の中央に位置する「いたすけ古墳」(全長146m・幅99m・高さ12,2m)です。周囲は一重の濠があり、前方部を西に向けている3段築成で、墳丘の形状や、埴輪の状況から5世紀前半に築造だそうです。いたすけ古墳は、昭和30年(1955年)頃に破壊の危機に瀕しましたが、市民の保存運動により破壊を免れ昭和31年に国指定史跡になりました。

 

現在も濠の中に取り残されている橋は、墳丘を壊す工事をするための工事用橋げたです。文化財保護の歴史を語る上でも重要な古墳とも言えます。ここから、布団太鼓で有名は百舌鳥八幡神社にて休憩。お参り後、百舌鳥古墳群南東端に位置する全国7番目に大きい前方後円墳「ニンザイ古墳」(全長300m・幅224m・高さ25,9m)に到着です。

 

5世紀後半に築造されたと伝わり、古墳群の中でも後期に造られたもののようです。前方が大きく広がった姿は古墳群の中でも精美と言われています。広い濠の小高い濠の堤を走るのは心地好いものです。 古墳の入り口には、埴輪が並んで建てられていました。

 

八幡神社を抜け路地を行くと百舌鳥古墳群で四番目の大きさの「御廟山古墳」(全長203m・幅136m・高さ25,9m)です。ここから大仙公園へ戻り、世界三大墳墓(仁徳天皇陵古墳、エジプトのクフ王のピラミッド、秦の始皇帝陵)の一つで面積では世界で一番大きい「仁徳天皇陵古墳」(外周道路は、一周2,8劼砲發覆蠅泙后砲謀着です。全長約486m、後円部径約249m、高さ約35.8m、前方部幅約307m、高さ約33.9mの規模で3段に築かれ上部は埴輪などで囲まれているそうです。陪塚は周辺に10基以上が在ります。正面の拝所にて観光ボランティアの方に解説にてより詳しい仁徳天皇陵古墳を学ぶことができました。

 

拝所前にて記念撮影後、

 

堺市博物館にて、シアター「百舌鳥古墳群―時を超えて」を観賞、悠久の時に浸りました。古墳群巡りには自転車が便利ですね。簡単に止まれ、細い住宅街の中の道も走れ、次々に変る景色を楽しみながら風を感じながら走れる自転車での古墳群巡りは楽しさいっぱいでした。 走行距離:13 参加者:14人(女性:2人、男性:12人)インストラクター:4人 計18人。
 

| 自転車散歩 | 16:20 | - | - | - | - |
7月14日(日曜日)手作りおもちゃ教室 木のおもちゃ「カニコロ」

今回の手作りおもちゃ教室は木のおもちゃ「カニコロ」を作りました。

くるんくるんと上下しながら横歩きするカニのおもちゃです。

用意していただいた木製のパーツに好みの色を塗り、脚や目のパーツを組み付けていきます。

車の回転に連動してくるんっと動くようになっているので車を付ける所は注意が必要です。

カニさんの他にもいろんな動物やキャラクターが出来上がってとても賑やかでした。


※12時くらいに作品を撮影させていただいたお客様へ

カメラの誤作動で撮影させていただいたお写真が消えてしまいました。

とても可愛い作品でしたのに掲載できず申し訳ありません。


次回の手作りおもちゃ教室は9月16日(月曜日祝日)堺子ども文庫のご指導で

「くるくるレインボー」です。

どうぞお楽しみに!

 

| 手作りおもちゃ教室 | 15:08 | - | - | - | - |



1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

+ 最新記事

+ MENU

+ 月別アーカイブ


+ 携帯で見る
qrcode