2017年11月12日(日)健康サイクリング 

『紅葉の泉北丘陵(天野街道⇔金剛寺)』
雨天の多かった10月は自転車博物館イベントも中止相次ぎましたが、11月に入ってからは天候に恵まれ、快適なサイクリングができています。 11月度の健康サイクリングにお集まりいただいた方々とも久しぶりのランで休憩場所では話に花が咲きました。

 

天候に恵まれ昼近くには暖かくなり紅葉・色付いたミカン・色付いた実を付けた柿の木などの在る道を通り、

 

泉北1号線の橋の上からは黄色になった銀杏、赤色の葉の並木の風景に皆さん思わずVサインが出るほどの秋の風情を楽しむことができました。

 


集合場所の荒山公園から木々の生茂った泉北遊歩道を抜け、かさかさとタイヤが鳴らす落ち葉を踏む音を聞きながら天野街道に入ります。

 

この地域は、古代たくさんの須恵器が作られたほど一帯が粘土質の丘陵地帯ですから、未舗装でも路面は固くロードレーサーの細いタイヤで走ることができます。

 

雑木林を抜ける土の上でのランは、舗装路とはまた違った走り心地と自然の快さを感じます。 天野街道を河内長野市に入ると、既に冬の準備が始まり茶色に染まった山里の雑木林の道を進みます。山の麓には里が有りその奥に今日の目的地「金剛寺」があります。 金剛寺では、ボランティアの方の解説に皆で耳を傾けました。

 

金剛寺を後にして下里町の古い集落を抜けると地元産の野菜や果物を売る炉端店に立ち寄りました。 柿・ミカン、椎茸などが売られていて、

 

早々ミカンを皆さんといただきました。運動中ですので甘酸っぱいミカンの味が何とも快く感じました。 帰りは下り基調ですから、深まりゆく秋の風景を楽しみながら、ダウンヒルを楽しみます。 谷の畑の中には、1本だけ立っている実をたわわにつけた柿の木が更に秋の風情を感じさせてくれたサイクリングでした。

 

走行距離:31辧参加者14人(女性:3人、男性11人)+インストラクター4名の計18人(長谷部雅幸)
 

| 健康サイクリング | 16:15 | - | - | - | - |
2017年11月5日(日)大人のための自転車ライフ体験セミナー

『ロードバイク セミナー』
11月のロードバイクセミナーは、柏原市から石川サイクルラインを経由し、葡萄の葉が黄色く色付いた太子町駒ヶ谷周辺の丘陵地帯で開催されました。
快適なサイクリングを楽しみながら『安全にロードバイクに乗ってサイクリングライフを楽しむ』セミナーを開催させていただきました。


最初のプログラムは、座学によるポジショニングの講義です。 脚の上下運動を機械を使用して前進させる速度に変換させるのが自転車です。自分の持つ筋肉を何パーセント前進速度に変換できるか否かは、自転車に乗るポジションが大きく影響します。比較的遅い速度で立った姿勢で乗車する“軽快車”では、脚から出された力は30%しか速度に変換されていません。ですから、一生懸命ペダルを踏んでいるのに“しんどい”と云う事になります。アマチュアのローディだと50%、プロレーサーだと70%以上と計測されています。従って、体幹・腕・脚の筋肉を無駄を最小限にして速度に変換できるのは、効率の良いフォームことになります。 ですから、ロードレーサーの世界では、ビギナーは先ずフォームを固めろと言われます。
講義では、ローラー台に自転車を固定し、インストラクターが最適なフォームの作り方を解説します。平地と登り坂ではぺダリングも変りますし、上半身の力の入れる所も変ります。楽しく乗るには、疲れない乗り方ができるポジションニングが先ず大事になります。
【今回のセミナーポイント】
1.楽なポジションで力の出し易いフォームに付いて。
2.効率の良いペダリングの仕方。踏み位置、力を入れる方向、サイクリングシューズの特徴など。
座学の後は、道路を走りながら体験で学習していただきます。
3.柏原市役所前から石川サイクルラインを南下し、コスモスが風に揺れ咲いている河岸にて、ボトルをパイロンにしたスローラムを行い、コーナリング時の体と自転車のバランスの取り方を体験していただきました。

 

足の位置、上半身の位置の使い方で小さいコーナーを転ばずに曲がる方法の体験です。


4.更に、サイクルラインを南下しながらコーナリングのポイントを聞いていただき、体験していただきます。 路上に砂が有るとタイヤがとても滑り易く、特に小さいコーナーは直前まで路上の砂が確認が難しいので、砂が在るものだと想定した万が一に備えた走り方になります。


5.石川サイクルラインから外れ、一団は駒ヶ谷へ入るために石川の新大黒橋を渡たりコンビニへ来ます。 ここでは、道路から歩道に上がりコンビニに入る際に転ぶことがあるのでこれを回避するテクニックを見ていただきます。 道路と歩道の段差に入るには、先ず車輪が段差に対しできるだけ直角に近い角度で入ることがポイントです。鈍角に入りますとタイヤが縁石に当たりタイヤが縁石沿いに滑り縁石を登れません。こうなると自転車は転倒になります。実際の場で実技を見ていただきます。
6.次に、軽い登り坂のぺダリングを行い坂を超えると、辺り一面に葡萄畑が広がる「駒ヶ谷」が目に入り解放感で心地好いです。ここから1403年程前にできた日本の官道1号線“竹内街道”に入り、観光サイクリングではおなじみの古民家が並ぶ細い道路での安全な走り方の解説です。
7.次は谷に入り、急な登りでのダンシングの体験をしていただきました。急こう配の登り坂では体重を利用しぺダリングをします。
8.登り終えた後の急な下り坂では、ブレーキングの仕方と、特に重要な自転車上での重心位置の取り方を体験していただきます。


9.見通しの悪いブラインドコーナーの曲がり方は、事故の70%は交差点阿で起っていますので、交差点での危険回避は安全サイクリングには特に重要です。
10.路上のグレーチングの注意点などのセミナーを聞いていただきながら、快適な秋空の下、駒ヶ谷のグレープロードを使って色々な体験をしていただきました。


11.帰り道の途中では、週2回しか開店しない“野菜の天然酵母”を使ったパン屋さん

 

「とき」さんに寄り道して柏原市役所まで戻りました。秋も深まって来て風は冷ややかですが、体に陽が当たり暖かいサイクリング日和でした。
参加者数:12人(女性:5人、男性:7人、)+インストラクター2人 総数14人(長谷部雅幸)
 

| 自転車ライフセミナー | 17:02 | - | - | - | - |
2017年10月8日(日) 自転車散歩 『美原区舟渡池公園』

今日のサイクリングのコースには、たわわに実った黄色い稲穂が広がり、青く澄んだ空には丸い白い雲が浮かんでいます。 陽は未だ強く、半袖シャツが丁度いい加減でサイクリングが楽しめました。

 

大仙公園に集合し、今注目を浴びる「仁徳天皇陵」東側を通り、日本書紀にも登場する堺から飛鳥へ続く約1400年前の官道「竹内街道」を通って大泉緑地公園を抜け、更に竹内街道を西除川へと車輪を進めますと、田園地帯に入ります。ここでは、たわわに実った稲穂からの良い香りが出迎えてくれました。 西除川河岸を進み、美原区にある禅寺「法雲寺」河内西国の第6番霊場を訪れました。


広い境内には、弁財天と布袋尊が入っておられます。 立派な山門(さんもん)、天王殿(てんのうでん)、鎮守堂(ちんじゅどう)、開山堂(かいさんどう)、大雄宝殿(たいゆうほうでん)、方丈(ほうじょう)等からなり、良く手入れされた緑の多い木々の庭園との調和がとても美しいです。 大雄宝殿には釈迦如来の後ろに3333体もの本尊が安置されていて圧巻です。 本殿にて安全祈願の後、自転車を黒姫山古墳ガイダンス施設へと進めます。復元竪穴石室・埴輪などの展示があり、本物の埴輪を見ることができます。さらに、南東へペダルをこぎますと、舟渡池公園へ到着。

 

この時期まだ数は少ないですが水鳥が池で戯れ、池奥の竹林の緑と池の水、青い空の風景と一緒に走った人たちとの交流が心を癒してくれました。

 

舟渡池公園入口の民家で飼われている白色の亀には驚きでした。 コース:自転車博物館⇒大仙公園⇒仁徳天皇陵⇒竹内街道⇒金岡神社⇒大泉緑地⇒西除川⇒法雲寺⇒舟渡池公園(今日の目的地)⇒西除川⇒竹内街道⇒仁徳天皇陵⇒自転車博物館 参加者13人(女性:3人、男性10人)+(インストラクター4人)計17人 走行距離:26 (長谷部雅幸)

 

| 自転車散歩 | 10:52 | - | - | - | - |
10月8日(日曜日)手作りおもちゃ教室 「すてきな音をならしましょう」

今回の手作りおもちゃ教室は「すてきな音をならしましょう」を作りました。
キレイな音色の棒風鈴です。

まず顔の部分を作っていただき風鈴の部分を組み立てます。

糸を通す作業が多く難しい部分もありましたが、皆様上手に完成させていらっしゃいました。

色々な顔の風鈴が出来あがって楽しかったです。

次回の手作りおもちゃ教室は11月23日(木曜日・祝日)遊塾の指導で

「手づくりおもちゃ」です。

どうぞお楽しみに!

| 手作りおもちゃ教室 | 16:57 | - | - | - | - |
2017年9月24日(日)健康サイクリング 『竹内街道(大泉緑地⇔竹内峠)』

9月の健康サイクリングは、「竹内街道・横大路」スタンプラリー協賛員ベントサイクリングでした。

今から1404年前の613年の飛鳥時代に記された“日本書紀”に「難波より京(飛鳥)に至る大道を置く」とあり、竹内街道が丁度この街道に当たります。日本で最初の中央集権国家となった現在の明日香村と堺・大阪をつなぐ街道です。遣隋使が通った日本最古の官道に悠久の時を感じる街道を皆さんとサイクリングしました。
堺市「大泉緑地公園」に元気で楽しい人達が集まりました。

竹内街道を羽曳野市に向かい古い趣のある家屋がある道を走り、

古代の英雄“大和武尊”(やまとたけるのみこと)を祭った白鳥古墳を経由して古市に入ると江戸時代に栄えた交差点に当時をしのぶモニュメントがあります。 この先ハンドルを左に切ると、石川の橋に出て、堺からも良く見える大阪と奈良の県境にある二上山(右が雌山474m、左が雄山517m)を正面に眺めながら川を超えると地太子町です。 街道の所々に木製灯篭があり風情を感じる道です。 街道灯篭祭りがあるそうです。 さらにペダルを踏んで近鉄上太子駅を過ぎ春日地区まで来ると、古墳の他、聖徳太子の御廟を守る寺「叡福寺」など、多くの寺が在る地区を内街道は入ります。今回も皆で叡福寺を参拝・休憩。

寺を出て村中を過ぎると、ここからが竹内峠の始まり

“道の駅 近つ飛鳥の里・太子”までの間の登り坂は、観光道路として整備され風情を感じる道です。

坂の途中にコスモス花が風に揺れ、サイクリストたちを和ませてくれます。

道の駅で休息しここからコースをUターンし、太子温泉に向かう道を走り緑色の稲穂が広がる棚田を眺めます。緑の中の曼珠沙華が秋を感じさせます。

さて、本日最後の急坂を登り切ると、“南河内グリーンロード”のダウンヒルが待てます。 途中の葡萄の露店で休憩。甘い葡萄をいただきしばし和みます。

葡萄棚に大きな粒の葡萄がなっています。

ここから更に、自転車は心地よい秋風を切って快適なダウンヒルを続け、グレープロードに入り河内ワインワイナリー前を通り、大阪の葡萄の産地「駒ヶ谷」の谷の間を吹く風の丘陵の葡萄畑を抜け再び竹内街道を通り堺市大泉緑地公園に戻りました。

走行距離:34 参加者:18人 (女性:4人、男性:14人)

(長谷部雅幸)

 

| 健康サイクリング | 13:52 | - | - | - | - |
9月24日(日曜日)手作りおもちゃ教室 「ホースの万華鏡」

今回の手作りおもちゃ教室は「ホースの万華鏡」を作りました。

透明なホースにビーズやキレイ色のプラスチックを入れて薄めた糊をで閉じ込めると自然に動く万華鏡になります。

鏡の筒をテープで飾ると完成です。

変わった見た目ですがとても綺麗な万華鏡が出来上がりました。

 

次回の手作りおもちゃ教室は10月8日(日曜日)橋本慶子先生の指導で

「すてきな音を鳴らしましょう」(棒風鈴)を作ります。

どうぞお楽しみに!

| 手作りおもちゃ教室 | 16:19 | - | - | - | - |



   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

+ 最新記事

+ MENU

+ 月別アーカイブ


+ 携帯で見る
qrcode