2019年6月22日(土)大人のための自転車ライフ体験セミナー

『メンテナンスセミナー』
大仙公園「自転車ひろば」でのメンテナンスセミナーは、前日予報は降雨でしたが、当日は晴天となり夏の陽光でした。 陽は強かったものの湿気が少なく日陰での涼しい快適な野外セミナーとなりました。 今回は、初級・上級の2班で実施となりました。
初級班内容:1.前後輪の脱着から始まります。 パンクや、輪行時に車輪の脱着は必須ですし、安全への基本ですからしっかり学んで頂きました。
1)クイックレリースの扱い方とコツ 2)スプロケット上にあるチェーンの掛け替え。3)ブレーキシューとリムのクリアランスチェック。4)車輪がセンター(フレームの中心)にセットされているかの確認など、初心者の方が必要な基本作業を習得していただきました。 2.パンク時の対応。タイヤをリムから外し、パンク箇所のチェック。これを怠るとまたパンクとなります。チューブの入れ替え、空気入れの順となります。ここで、最近多く使われるボンベを使用しての充填実技もして頂きました。 3.パンク修理の実技。チューブのパンク箇所にパッチを接着剤で貼っていただきます。コツは、表面被膜の除去(サンドペーパーにて)と接着剤が乾いた後にパッチゴムを貼ることです。接着剤のつけ過ぎは、パッチとチューブの間の接着剤が乾かないため、走行中にパッチがチューブから剥がれ空気漏れとなります。 4.安全のためのキャリパーブレーキ・Vブレーキの調整の仕方などをしていただきました。 5.変速機のインデックス機能(ワイヤーの張り)の解説。 6.チェーンへの注油。 6.簡単な整備の仕方などを講習させていただきました。 上級班:1.変速機の調整法。2.ブレーキの調整法など技術面の講習をさせていただきました。 参加者の皆様には、3時間みっちり体験していただきました。一回で覚えられなかった方、複数回の参加も歓迎です。参加者:6人 インストラクター2人
 

| 自転車ライフセミナー | 09:46 | - | - | - | - |
2019年5月26日(日)大人のための自転車ライフ体験セミナー

『メンテナンスセミナー』

五月の新緑の中、大仙公園「自転車ひろば」にてメンテナンスセミナーを開催いたしました。 始めての参加の方が50%、複数回以上参加の方が50%でした。 

初級チームと

ベテランチーム

の2班に分かれ、初級チームはパンク時の対応、ベテランチームは、変速機の調整、ブレーキの調整法等を受講していただきました。

最初は、1.前後輪の脱着の仕方からになります。 パンク時のチューブ交換、輪行時に車輪の脱着は必須です。 また、走行中車輪が外れたりしないよう愛車の時々チェック時はQRチェックは安全への基本です。しっかり実技をしていただきました。 

1)クイックレリースの扱い方、2)スプロケットのチェーンの掛け替え、3)ブレーキシューとのクリアランス、4)車輪がセンター(フレームの中心)にセットされているかなどが基本作業手順となります。 

次に、パンク時の対応です。 2、タイヤをリムから外し、チューブを入れ替え、空気を入れるパンク修理一連を実践していただきます。 勿論、パンクしたそもそもの原因の追究ができませんと折角新しいチューブを入れても再度パンクと云う事になりますので、ここのコツも実習していただきます。 3.安全のためのキャリパーブレーキの調整の仕方なども実習して頂きます。 

最後に、乗車ポジションを決めるための講習をさせていただきました。 1)サドル高さの決め方。2)クリートの位置とペダルへの力の入れ方。3)乗車フォーム。登り坂・下り坂・平地の走り方です。

参加者の皆様には、3時間みっちり体験していただきました。一回で覚えられなかった方の複数回の参加も歓迎です。参加者:17人(女性1人・男性16人)インストラクター 3人

 

 

| 自転車ライフセミナー | 16:01 | - | - | - | - |
2019年4月28日(土)大人のための自転車ライフ体験セミナー

 

サイクリングに快適なシーズンとなり、ゴールデンウイークで、サイクリングの時間も取り易くなった方々も多いようでした。 今回は、14人参加いただいた方々の内、半数以上の8人の方がリピーターの方々でした。今回のセミナー再度受講してみたら、目から鱗の方もいらっしゃったようです。本格シーズンインに先立ち、ロードレーサーの乗り方を再チェックし、より安全で疲れにくいぺダリング、フォームを見直してみるのも良いですね。年齢的にも幅広く、33歳〜77歳の方々に参加いただきました。

 

スタートに先立ち、注意事項、簡単なコース解説、注意箇所、ぺダリングのコツ等を聞いていただいた後、光明池へ向けて出発です。
楽しいサイクリングは、先ず事故が無いこと、怪我をしないことが第一ですので、講習するコース上での危険ポイント毎に全員停車し、危険個所の指摘、なぜ危ないかの解説、安全な回避方法などを説明させていただきました。光明池緑地内では、下り坂でのブレーキング法とポジションの取り方、団体走行、登り坂での効率の良いぺダリング、ダンシングの仕方など等、実地のコースを使って体験学習していただきました。

 

 

 

広場では、ボトルをパイロンに見立ててスラロームを行い、小さなカーブでの重心の取り方、ハンドリング等を体験学習、 

 

その後ブラインドコーナーの走り方等を光明池沿いの道で体験していただきました。 

 

帰路は、ピンク色の蓮華の花が咲く田園風景の中をのんびりサイクリングを参加者皆さんと楽しみました。

 

今回は、ご夫婦での参加が2組もありました。オランダなどでは、ご夫婦で同じ色、仕様の自転車をペアーで購入され、週末サイクリングを楽しまれているご夫婦を良く見かけます。郊外の青空の下、木々に囲まれたパラソルの下で爽やかな風と音楽が流れるカフェでランチを夫婦でいただくなんて素敵ですね。
皆さんの参加お待ちしております。
走行距離:17 参加者14人(女性:4人、男性:10人)インストラクター4人

| 自転車ライフセミナー | 14:12 | - | - | - | - |
2019年4月13日(土)大人のための自転車ライフ体験セミナー

春のサイクリングシーズンに先駆け、楽しいサイクリングライフをしていただけるようスポーツ自転車のメンテナスセミナーを開催致しました。
会場は、大仙公園の桜の花満開の木の下での開催でした。


今回は、3つの班、初級・中級・ベテランの3コースを設定し、ご希望のコースを選び参加いただきました。熱心にメモを取る方もおられました。
初級:車輪の脱着・チューブの交換・パンク修理・ブレーキ調整法等がメインでした。


中級:タイヤ、チューブの鋼管、自転車各部の調整法等がメインでした。


ベテラン:プロのメカニックに寄る、ロードレーサーのメンテナンスがメインでした。


11時30分からは、サドル、ハンドルの位置決め法、ぺダリング、クリートの位置等のライディングセミナーを行いました。

 

初心者の方からレース参加者まで自転車に関するスキルは、幅広い方々が参加されています。 スポーツ自転車買ったけど扱い方が分からないと云う方大歓迎です。
参加者13人(女性:1人、男性:12人)インストラクター5人
 

| 自転車ライフセミナー | 11:26 | - | - | - | - |
2019年3月17日(日)大人のための自転車ライフ体験セミナー

『マウンテンバイクツーリング』
今年初の“鴬の鳴き声”が聞くことができた泉北丘陵一帯の自然の中を、皆さんとMTBで走りました。寒の戻りの日となって集合時間9時では未だ寒さを感じましたが、そこはマウンテンバイク、石津川源流の未舗装路を下り釜室の丘陵の田園を抜け、最初の休憩地“フォレストガーデン”に着く頃には体も暖まって来てMTBサイクリングが楽しくなりました。フォレストガーデンでは、梅の花が盛りを過ぎ咲く中、桜の木もピンクの花をたくさんつけていて、梅の花と桜の花の両方が我々を出迎えてくれました。


泉北緑道に入り未舗装の陶器山「あまの街道」は土が未だ濡れた状態でした。

 

慎重にタイヤのトラクションをハンドルを握る手、脚、体で確認しながら走行します。

 

陶器山と呼ばれるのは、近辺に陶器を作っていた場所があったことで、土も陶器作りに適した粘土質の一帯です。 “あまの街道”は粘土質を固めた道、雨の後は大変滑ります。注意しスピードを控えめにて走行します。陶器山で休憩。

 

あまの街道からは、遠くに金剛山系の山々が見られ雄大な自然が感じられます。 今日の金剛山(標高1,125m)は山頂付近に雲が掛かり生憎山頂は眺められず残念でした。 あまの街道を更に進み、丘を越える所では晴天であれば“淡路島”が眺められます。 今日は、くすんで神戸や明石海峡大橋も眺められず残念でした。ここら辺りでは、農家の方が道端に無人野菜販売を行っていて、新鮮な野菜や果物が一年中買うことができます。並べられた地産の野菜や果物を眺めるのも楽しみの一つです。 丘を越え雑木林を抜けると“日本の原風景”「河内長野市小山田町下里地区一帯」が眺める事ができます。 遠くに1,000m級の山々、開けた山里には田圃、果樹園が広がり、その中を小川が流れています。まさに、日本の原風景です。 後2週間も経つと若葉の緑の中に、濃いピンクの“桃の花”が絨毯のようになった風景が見られ、この風景はとても心を和ませてくれます。 桃の花の蕾も膨らんで来ていて、春はもうすぐそこです。

 

下里地区の畦道をのんびり走りUターンした後は、

 

いよいよ雑木林のシングルトラックへ入り豪快なダウンヒルを楽しみました。 途中に竹藪などもあり、

 

人間界から遮断された自然の中の一人旅が楽しめます。 下り切った所から畦道を通り、チャレンジ激坂「力と技試し坂」

 

を登り切ると草原があり、ここを抜けると再びシングルトラックに再び戻り雑木林の中のダウンヒルを楽しみました。

 

MTBだからこそできる自然の中でのサイクリングを皆さんと一緒に堪能しました。

 


走行コース:公園墓地をスタート⇒鉢ヶ峯寺⇒石津川源流沿下り⇒フォレストガーデン⇒泉北緑道⇒草原⇒小山田町⇒シングルトラック⇒草原⇒ダウンヒルダウンヒル⇒石津川源流⇒公園墓地 距離:24 所要時間:2時間40分
 

| 自転車ライフセミナー | 16:34 | - | - | - | - |
2019年2月10日(日)大人のための自転車ライフ体験セミナー

『マウンテンバイク ツーリング』
雪の予報も有るような気温の低い2月のサイクリングですが、マウンテンバイクで雑木林の中を走るには決して悪くないコンディションです。 雑木林の中は、風もなく陽が当たる時には、とっても暖かです。 自転車のバランスを取りながら全身の筋肉を使い、野山の未舗装の登り下りを太いタイヤで走るマウンテンバイクでは汗さえかきました。 スタートは、ウォームアップしながら石川源流堤の砂利道をギアを軽くし脚を回すようにして走ります。 丘を登って富蔵の田園風景を通り、

 

正面遠くに六甲山を望みながらペダルを回します。丘の上でハンドルを右に切りフォレストガーデンに到着。 ピンクの可憐な梅の花がバイカーを出迎えてくれました。

 

ここから、泉北緑道の白梅・紅梅を途中眺め天野山金剛寺に通じる“天野街道”を走ります。

 

未舗装の道では、木々の中をくねるように陶器山の稜線をファットタイヤが踏みしめながら走ります。

 

左手に雪を被った白い山頂の大阪で一番高い山「金剛山」(1,125m)を望みながら更にペダルを踏みます。稜線は、高低差が少なく軽いギアでペダルをクルクルと回しながら走ると、雑木林の中の散歩気分が味うことができます。 しばし止まって金剛山を眺めた後は、林道に入り途中からのシングルトラックを楽しみました。

 

路面の凹凸にタイヤを取られコースアウトしないよう、スピードは控えめでタイヤが路面を掴むトラクションに注意を払いながらラインを選び降って行きます。

 

途中の竹林のシングルトラックも、

 

機敏なハンドル操作、体重移動等で自転車がふら付かないようバランスをうまく取りクリア。

 

降り切って一休みの後、田圃の畦道から丘陵へ再び入り、

 

草原を抜け再度シングルトラックを抜けました。今回は3周もでき、体がほどよい疲労感になりました。 草原・雑木林の中で自然を満喫できるサイクリングができるマウンテンバイクは、素晴らしいですね。泉北丘陵地帯の雑木林にて、皆さんと楽しく、快適なサイクリングを楽しみました。

 


今回のコース:公園墓地スタート⇒石津川源流沿下り⇒フォレストガーデン⇒泉北緑道⇒あまの街道⇒シングルトラック⇒妙見さん⇒公園墓地 距離:24 参加者:男性6人、インストラクター4人、計10人 所要時間:約2時間50分
 

| 自転車ライフセミナー | 16:10 | - | - | - | - |



 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

+ 最新記事

+ MENU

+ 月別アーカイブ


+ 携帯で見る
qrcode