<< 2018年12月9日(日) 健康サイクリング『 大阪南港めぐり』 | main | 1月13日(日曜日)手作りおもちゃ教室 「木のおもちゃ・パタパタいのしし」 >>
自転車散歩 2019年1月6日(日) 初詣サイクリング 『住吉大社/三社参り』

新年の自転車散歩も穏やかに始まりました。

今年最初の自転車散歩は、初詣三社参りでした。21人の参加者皆様と楽しく走りました。


集合時間頃は曇天でしたが、大和川を渡る10時過ぎには陽が差し暖かなサイクリングができました。

大仙公園をスタートし、京町通りを西へ行き千家ゆかりの寺、南宗寺の角を右折し自転車用ブルーラインが引かれた道を10分も北上すると開口神社(あぐち神社)に到着です。

746年行基が念仏寺、806年空海が宝塔を境内に建てたことで「大寺」とも呼ばれます。

堺名物“大寺餅”は1596年に創業した大寺餅河合堂この境内で売っていたもので400年以上の歴史があり現在は、堺区少林寺町西にて営業しています。

この境内には、昔泉陽高校、三国ヶ丘高校が在ったと記されています。

ここから、1400年前にでき、遣隋使も通った日本最古の官道「竹内街道」を渡りますと、左側に997年に創建され千年以上の歴史を持つ菅原道真公をお祀りしている「菅原神社」に到着です。

戎神社が境内に在り「堺えびす」とも呼ばれています。学問、健康、商売繁盛の神様として近隣の方々の信仰を集めています。

ここから「紀州街道」へ出て北上し大和川を目指します。

紀州街道は、高麗橋(大阪市中央区)から和歌山を結ぶ街道で、参勤交代の大名が通りました。

堺・大道筋を通るエリアでは今でも古い街並みが残り、往時の繁栄をしのばせます。

更に堺市北端エリアへ北上しますと、江戸時代には堺の鉄砲生産地だった旅籠町エリアを通ります。

大和川に到着すると「大和橋」では“カモメ”が群れ迎えてくれました。

更に2卍ペダルを踏んで行きますと初詣では230万人が詣でる「住吉大社」に到着です。

全国2000社以上ある住吉神社総本社して信仰を集め、大阪の人は「すみよっさん」と親しく呼ばれています。

住吉大社の敷地面積は、3万坪にも及ぶ広さです。第一本宮から第四本宮まで4棟あり、本殿は文化7年(1810)に造営され本殿様式「住吉造」は神社建築史上最古で国宝に指定されていています。

「すみよっさん」のご利益は、開運招福・商売繁昌・交通安全・厄除け・縁結び・安産です。

また、100m程離れた所には“パワースポット”末社「大歳社」があります。

境内の不思議な「おもかる石」で2019年を占いました。

お参り後は、大福やお餅を購入し住吉公園にて休息し、いただきました。糖分がちょっと疲労した体をリカバリーしてくれます。

帰りは紀州街道にて堺まで戻り、高須神社を右折し土居川公園を抜け、鬱蒼とした仁徳天皇陵西側を通り大仙公園に戻りました。

ルート:自転車博物館⇒大仙公園⇒京町通⇒開口神社⇒菅原神社⇒紀州街道⇒大和川⇒紀州街道⇒住吉大社⇒紀州街道⇒土居川公園⇒京町通⇒仁徳天皇陵西側⇒大仙公園

距離:17

時間:3時間30分

参加者数:21人(女性:6人、男性:15人)+インストラクター6人 計27人 初参加の方4人(ファミリー参加2組)でした。

| 自転車散歩 | 13:49 | - | - | - | - |



     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

+ 最新記事

+ MENU

+ 月別アーカイブ


+ 携帯で見る
qrcode