<< 2019年6月22日(土)大人のための自転車ライフ体験セミナー | main | 7月14日(日曜日)手作りおもちゃ教室 木のおもちゃ「カニコロ」 >>
2019年6月9日(日)健康サイクリング 『石川サイクルライン-駒ヶ谷周遊』

青空に白い雲が浮かび陽も強くすっかり夏空でしたが、新緑の山々を通って吹く風は涼しく、爽やかなサイクリングが楽しめた快適な天候でした。


川面をなでて来る爽やかな風が緑に囲まれた河岸を走るサイクリストの頬をなぜ、汗ばんだ額を心地好く乾かしてくれます。 自転車を走らせるには最高のコンディションでした。 石川サイクル橋の上から眺める緑と川の流れと健康サイクリング参加者方々の走行姿を見ているだけでも心が爽やかになる環境の快適サイクリング日和でした。

 

柏原市役所前を出発し、石川サイクルラインを21/h〜25/hで巡航し額から汗が出て来たところで橋の上で小休止。

 

休息後再びサイクルラインを走行し滝谷不動下まで行ってコンビニで休憩。水分補修を行います。 ここから石川サイクルラインを大黒橋まで戻り、今度は右手に見える駒ヶ谷を目指します。 駒ヶ谷の在る太子町に入ると丘陵一杯に葡萄畑が広がる風景が正面に現れます。 大阪には7つのワイナリーが在りますが、この周辺だけでも4つのワイナリーが丘陵地帯に点在するほどの葡萄の産地です。上ノ太子駅を過ぎるといよいよ丘陵地帯に入り、1603年前にできた官道1号線の「竹内街道」入ります。左手には石碑が建っています。路面が茶色になった道路に古民家が建ち並ぶ街道筋は、遣唐使たちが明日香へ通った悠久の時に思いを馳せます。竹内峠に入る手前の村を左折し「叡福寺」に到着。 ここには、「古天皇の摂政として、十七条憲法や冠位十二階の制定、遣隋使の派遣などの進んだ政治制度や文化を取り入れ、政治改革を図った聖徳太子は、日本書紀によると推古29年(621)に亡くなり、磯長の地に葬られました。太子墓は径50メートル、高さ10メートルほどの円墳で、内部は精巧な切石を用いた横穴式石室です。太子と母君の穴穂部間人皇后、妃の膳郎女の3人の棺が納められていると伝えられることから、三骨一廟呼ばれています。」太子町HPより)

 

強い陽が差している広い境内は清涼で旅人を安らげてくれました。

 

竹内街道に戻り峠を登り「道の駅 近つ飛鳥の里太子」で休息。 ここから、Uターンして太子温泉前を経て葡萄畑の中を走る“グレープライン”のアップ・ダウンを楽しみ、ワイナリー前を通過し、再び竹内街道を通り石川サイクルラインを経て柏原市役所へ戻りました。
コース:柏原市役所前⇒石川サイクルライン⇒瀧谷不動下⇒石川サイクルライン⇒大黒大橋⇒上ノ太子⇒叡福寺⇒竹内街道⇒道の駅・近っ飛鳥の里太子⇒竹内街道⇒駒ヶ谷⇒石川サイクルライン⇒柏原市役所前 参加者18人(女性3人・男性15人)+インストラクター6人計24人。
 

| 健康サイクリング | 15:20 | - | - | - | - |



 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

+ 最新記事

+ MENU

+ 月別アーカイブ


+ 携帯で見る
qrcode