<< 7月14日(日曜日)手作りおもちゃ教室 木のおもちゃ「カニコロ」 | main | 2019年7月21日(日)健康サイクリング『ナショナルトレーニングセンター周辺快走サイクリング』 >>
自転車散歩 2019年7月13日(土) 『古墳めぐり』

第43回世界遺産委員会(アゼルバイジャンの首都バクー開催)にて7月6日(土)「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産に登録されることが決定しました。世界文化遺産登録決定後最初の「古墳めぐり」自転車散歩でした。 350年頃、大和朝廷が日本の国内を統一した後の3世紀末頃〜8世紀、大和朝廷の大王(おおぎみ)、豪族たちが力を持ってくると、その力を示すため大きなお墓を作るようになりました。これが現在古墳と呼ばれ巨大墳墓です。本州から九州まで、全国に約16万基の古墳があると云われ、大きさは400m〜20mまで様々です。この内、前方後円墳は、4700基と云われ、400年頃に近畿地方から広がり、北は岩手県から鹿児島県にまでに分布しています。今回の世界文化遺産に登録されるのは、百舌鳥と古市地区の古墳群になります。
*百舌鳥古墳群は、堺市東西南北4劼帽がっていて、100基以上(108基と云う説有)が造られましたが現存しているのは44基だそうです。
*古市古墳群は、130基が造られ現存数は45基だそうで、国内2位の大きさ425m超える応仁天皇陵古墳など200mを超える大きな古墳が7基もあります。
今日の自転車散歩では、面積では世界一大きな古墳「仁徳天皇陵」、日本で三番目に大きい「履中天皇陵」、七番目に大きい「ニンザイ古墳」、百舌鳥古墳群の中で八番目に大きい「いたすけ古墳」及び「御廟山古墳」など、5つの古墳を廻り、その後に堺市博物館にて大型スクリーンでしか体感できない古墳群の雄大さ!作品「百舌鳥古墳群―時を超えて」を観賞し、映像とサイクリングにより悠久の時を皆さんと過ごすことができました。 自転車散歩は、大仙公園よりスタートし、公園内の森を抜け平成の森展望台古墳レプリカに登り、履中天皇陵(全長365m・幅235m・高さ27,6m)を眺めました。百舌鳥古墳群では、仁徳天皇陵の次ぐ大きさの前方後円墳で、周辺には陪塚10基が確認されています。墳丘は3段築成で葺石と埴輪があるそうです。眺めた後は、履中天皇陵正面拝所へ廻り一礼。次に向かったのは百舌鳥古墳群の中央に位置する「いたすけ古墳」(全長146m・幅99m・高さ12,2m)です。周囲は一重の濠があり、前方部を西に向けている3段築成で、墳丘の形状や、埴輪の状況から5世紀前半に築造だそうです。いたすけ古墳は、昭和30年(1955年)頃に破壊の危機に瀕しましたが、市民の保存運動により破壊を免れ昭和31年に国指定史跡になりました。

 

現在も濠の中に取り残されている橋は、墳丘を壊す工事をするための工事用橋げたです。文化財保護の歴史を語る上でも重要な古墳とも言えます。ここから、布団太鼓で有名は百舌鳥八幡神社にて休憩。お参り後、百舌鳥古墳群南東端に位置する全国7番目に大きい前方後円墳「ニンザイ古墳」(全長300m・幅224m・高さ25,9m)に到着です。

 

5世紀後半に築造されたと伝わり、古墳群の中でも後期に造られたもののようです。前方が大きく広がった姿は古墳群の中でも精美と言われています。広い濠の小高い濠の堤を走るのは心地好いものです。 古墳の入り口には、埴輪が並んで建てられていました。

 

八幡神社を抜け路地を行くと百舌鳥古墳群で四番目の大きさの「御廟山古墳」(全長203m・幅136m・高さ25,9m)です。ここから大仙公園へ戻り、世界三大墳墓(仁徳天皇陵古墳、エジプトのクフ王のピラミッド、秦の始皇帝陵)の一つで面積では世界で一番大きい「仁徳天皇陵古墳」(外周道路は、一周2,8劼砲發覆蠅泙后砲謀着です。全長約486m、後円部径約249m、高さ約35.8m、前方部幅約307m、高さ約33.9mの規模で3段に築かれ上部は埴輪などで囲まれているそうです。陪塚は周辺に10基以上が在ります。正面の拝所にて観光ボランティアの方に解説にてより詳しい仁徳天皇陵古墳を学ぶことができました。

 

拝所前にて記念撮影後、

 

堺市博物館にて、シアター「百舌鳥古墳群―時を超えて」を観賞、悠久の時に浸りました。古墳群巡りには自転車が便利ですね。簡単に止まれ、細い住宅街の中の道も走れ、次々に変る景色を楽しみながら風を感じながら走れる自転車での古墳群巡りは楽しさいっぱいでした。 走行距離:13 参加者:14人(女性:2人、男性:12人)インストラクター:4人 計18人。
 

| 自転車散歩 | 16:20 | - | - | - | - |



  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

+ 最新記事

+ MENU

+ 月別アーカイブ


+ 携帯で見る
qrcode