<< 自転車散歩 2020年9月19日(土) 『大浜公園と旧堺港灯台』 | main | 2020年9月26日(土)大人のための自転車ライフ体験セミナー >>
2020年9月20日(日)健康サイクリング 『竹内街道(大泉緑地⇔竹内峠)』

竹内街道・横大路(大道)は推古天皇21年(613年)に外交の玄関口である難波津と政治の中心である飛鳥の宮を結ぶ「大道(大道)」として整備された、我が国最古の官道です。


“日本書紀”に「難波より京(飛鳥)に至る大道を置く」と記されており、竹内街道が明日香村と堺・大阪をつなぐ街道でした。 遣隋使や遣唐使が通った日本最古の官道を走り、悠久の時を感じるサイクリングを皆さんと楽しみました。 大阪難波から来た街道と、堺の大小路から来た竹内街道が合流するのが金岡神社で、今回の出発地点となる大泉緑地公園がすぐ近所になります。大泉緑地公園から竹内街道を羽曳野市に向かい古代の英雄“大和武尊”(やまとたけるのみこと)を祭った白鳥古墳に到着。前方に山容の美しさを歌に詠まれた「二上山」を望み万葉に想いが馳せられます。古市から石川を渡る橋の上に差し掛かると、左手から前方に駒ヶ谷一帯が見渡せます。ここは、「王陵の谷」と呼ばれ、敏達天皇陵、聖徳太子廟、推古天皇量など多くの天皇・後続の御陵があります。

 

山の傾斜には葡萄畑が広がり、サイクリングの爽快さが一層増します。この一帯の葡萄生産は明治時代からと古く、ワインの生産も盛んでワイナリーは明治時代に遡り現在でも6軒がこの地に在ります。 地太子町に入りますと、街道沿いには風情のある日本家屋が並びます。

 

さらに、濃い緑の山に向かって進みますと竹内峠に差し掛かり、ローギアにして登って行きますと、「竹内街道休憩所」があり竹内街道の解説、街道の四季の写真などの展示があります。

 

2013年の竹内街道敷設1400年記念イベント以降、この地区では「竹内街道 灯路祭り」が毎年開催されます。

 

“道の駅 近つ飛鳥の里・太子”にて折り返し、太子温泉前を通り、緑色の稲穂が広がる棚田を眺め休息。

 

“南河内グリーンロード”へ出ると、大阪平野を一望となります。

 

そして、長いダウンヒルを楽しみ途中露店で甘い大粒の葡萄をいただき、売られていた大きな栗の実を見て秋を感じました。グレープロードに入り、河内ワインワイナリーで記念集合写真を撮り、

 

駒ヶ谷から再び竹内街道を走り、大泉緑地公園に戻りました。 走行距離:34 参加者:10人 (女性:1人、男性:9人)インストラクター2人 計12人。
 

| 健康サイクリング | 17:12 | - | - | - | - |



    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

+ 最新記事

+ MENU

+ 月別アーカイブ


+ 携帯で見る
qrcode